西表島ジャングルトレッキング専門店

シャワークライミング・キャニオ二ング・ケイビング・シャワートレッキング体験!

 ゆくるのブログ

「自作ロープガード作ってみました♪」


前々から買おうかどうしようか悩んでいたロープガード。
今まで使っていたものは長さが40cmと短く、複雑な岩場ではあまり役に立ってませんでした(^_^;)
欲しかったのは90cmサイズのものでしたが、買えば一つ3000円~7000円プラス送料と、離島在住者には悩ましい金額です。

余裕が出来た時にでも注文しようかな~と、半ばあきらめていたのですが・・・・・
「無いものは自分で作る!」がモットーのガイド仲間がなんと!
工業用ミシンとPVC(生地)を持っていたんです~~~~(驚)

この方は自作でキャニオニング用のヒップガードを作ってしまう程のつわもので、
ミシンの貸出を打診すると、快く「どうぞどうぞ」と貸してくれました(*^_^*)
まさに神ッ(笑)

というわけで早速オリジナルロープガードの作成~!
借りてきたミシンと譲ってもらったPVCとマジックテープ。
IMG_1658

まずは生地をメインロープ、ビレイロープ用に2枚分に切断。
IMG_1661IMG_1664

続いて生地の四隅に織りを付けます。・・・・こういうの何て言うんでしたっけ??
正直私も裁縫などは中学校の家庭科以来ですので、まったくの感とイメージだけで作っております(笑)
IMG_1665

四隅に織りを付けたら今度はマジックテープを縫いつけます。
IMG_1667IMG_1668IMG_1669

付いたものをおり重ねるとこんな感じ。
IMG_1672

この時点で十分ロープガードになってます♪
更にカラビナをかけるための輪っかを縫い付け・・・これはテンドンロープを購入した際、ロープをしばっていたバンドがあったのでこれを利用。
IMG_1674IMG_1676

上下に付けると折りたたんでカラビナに通してギアループにぶら下げられるし、現場でロープガードを延長したい時に二つ連携が出来るので重宝するであろう!と付けました(笑)
IMG_1678IMG_1679

仕上がりはこんな感じで、40cmの既製品にくらべて約2倍の90cmとかなり大型になりました!
これで大体のフィールドで対応が出来ます♪
RIMG0867

早速現場で使ってみましたが・・・・・なかなかの使い心地でした~(*^_^*)
RIMG0857

オリジナルだけあって、まさに「かゆい所に手が届く!」といった感じです。
このミシンさえあれば何でも作れてしまうんじゃないかと、可能性の大きさに妄想が膨らむ今日この頃でした(笑)

お世話になったガイドさんです♪
よかったら見て下さいね~(^O^)/
http://www.polepole-iriomote.jp/
http://blog.goo.ne.jp/polepole-iriomote

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「大雨洪水警報・記録的短時間大雨情報発令」


今日の朝方から雷を伴って降り出した大雨の影響で、本日のツアーは中止としました。
久々のツアーだったのでショックも2倍・・・・(涙)
でも安全第一なので、無理せずコツコツと行きましょう(^^ゞ
現場からお客様へ中止の連絡を入れたので、そのままフィールド調査に突入しました!

まずはキャニオニングのフィールドから。
ここは前回の台風翌日と同じ水量になってました・・・・
こうなるともう、お手上げですね(-_-;)
RIMG0203

とても遊べる状態ではないです。。

続いて昨日も行ったフィールドへ。
昨日はもちろん普段は癒しの川もかなりアグレッシブな状態に・・・・
個人的にはヒジョーにテンションが上がる水量なのですが、ツアーとしては怖いですね~。。
RIMG0224RIMG0233RIMG0244

問題は昨日確認してきた崩落個所。
今日の増水でさらに崩落が進んで無ければいいのですが・・・・
RIMG0255

見たところ変化なしのようです。
また水量が収まってからの確認が必要ですね。。

続いてケービングポイント。
ここも増水していたものの、被害はなさそうです。
RIMG0277
ただ、増水の影響で出口がえらく狭くなってました・・・・
抜けるには全身濡れますね(^_^;)
RIMG0308

もうひとつのポイントも思ったほどの増水は無く明日には通常にツアーが出来る見込みです。
RIMG0339

去年は雨が足らず、西表島中の川が渇水していたのですが・・・・・何事もほどほどが一番ですね・・・・(-_-;)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「危険個所確認」


先日の大雨で一部崩落した危険個所を見てきました。
同業者の方がいち早く確認&アップしてくれていたので一度は自分の目で確認しとかねばと
遅ればせながらいってまいりました。。

RIMG0163RIMG0165RIMG0166

ツアーで行けないレベルではないものの、確かに大雨が降った場合はかなり注意が必要な個所となりました。
安全第一でこれからも注意深く観察が必要ですね・・・・

そしてこのポイントに登る道中のロープも同業者の方が新調してくれました♪
これで安心度はかなりアップです。Oさん、ありがとう!
RIMG0162

しばらくツアーで来る予定はありませんが、ツアー中の安全を確保する為にはこまめな確認作業が欠かせません。
そして同業者からの貴重な情報というのも身にしみて有り難く感じる今日この頃です。。<(_ _)>

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「今年初の台風後フィールド確認作業」


4年ぶりとなる5月の台風上陸は大した影響も無く通過してくれました(^_^;)
台風通過といえばお決まりのフィールド調査ですが、今回は同業者3名での調査だったのでとっても気が楽♪
なんといっても気になるのはケービングポイントなんですが、去年から始めた台風養生の効果でまったくの問題なし!
IMG_1489
こちらがビフォー。
IMG_1491
こちらがアフター。

もう、拍子抜けするくらいキレイなものでした。
昨年この養生をさぼったばかりに大変な目にあったので、今年はその教訓を生かしたいものです(^_^;)

大した作業も必要無くなったのでキャニオ二ングポイントへ移動。
ここは倒木等は無かったですが、川の水量がとにかく凄くてテンションが上がってしまいました!
IMG_1496
IMG_1502
IMG_1510
IMG_1531
IMG_1539

いつもこの位の水量がある川なら違う楽しみ方が出来るだろうな~~~っと妄想してしまう程のエキサイティングな状態でした。
さてさて、今年は台風上陸が多そうな八重山ですがどうなることやら・・・・(>_<)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「デイゴの花」


今年もデイゴの季節がやって来ました。
この花が咲き出すとまさに春を感じる時期です♪
本州の桜にあたる存在でしょうか・・・・
IMG_1191

炎を思わせるような真っ赤な花に、桜とは違った魅力を感じます。
IMG_1193

このデイゴの花が満開になる年は台風のあたり年というのがこちらの言伝えなのですが・・・・・
今年はもしかして台風多そう?・・・・・(^_^;)
IMG_1192

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「黒島牛祭り」


じつに10年ぶりに黒島牛祭りに行ってきました。
ハート形の島で知られる黒島は黒毛和牛の畜産が盛んで、島の人口約200人に対して牛が3000頭!というまさに牛の島なのです。
その黒島で島おこしとして「牛祭り」をはじめて今年で23回目。
祭りのメインはなんといっても黒毛和牛が1頭まるまる当たる抽選会~♪
当たれば牛を連れて帰っても良し、現金と引き換えなら約30万の賞金として受取る事が出来るという当に夢の抽選会なのです!(>_<) 朝から小雨がぱらつく天気でしたが夢の牛1頭をめざして意気揚々と黒島へ。。 IMG_0989IMG_0994

港の近くには牛のモニュメント・・・・さすが牛の島。。
IMG_0991

会場に着くと早速抽選券の半券を受付に預けます。
この番号が抽選会の時に呼ばれれば・・・・牛1頭か~・・・・
妄想は膨らみますッ(笑)
IMG_0998

会場にはたくさんの出店があってかなり大盛況の様子。。
地元ミュージシャンのライブや牧草ロール転がし大会などイベントも盛りだくさん!
僕も黒島牛をお腹いっぱい食べてきました~♪確実に1日で5kgは太ったかな・・・・・(^_^;)
IMG_1075

気になるこの日のメインイベントの夢の牛を見に。。
おぉ~、この子か~。。
「どうか当たりますように!」としっかり願掛け<(_ _)>
入れ替わり立ち替わりで皆さん同じ事をやってました(笑)
IMG_1017IMG_1029

ぶらっと会場近くを散歩すると不思議な光景が・・・・・
放牧地の中にお墓が・・・・・・これは西表島では見た事ないな~(-_-;)
IMG_1080
他にもいくつかお墓があって、それぞれ向きが別々だったので何か方向にも意味があるのかな・・・・?

最後のライブ!これが終わるといよいよ抽選会です♪
IMG_1077

気になる結果は~・・・・ジャンジャガジャ~ン!!

今年はなんと、石川県からの旅行客の方が見事当選~!
今回の旅費がすべて浮いた上に石垣でプチ豪遊が出来るな~(笑)

という事で、夢の牛1頭は当たらなかったもののお腹はとっても充実した1日となりました(>_<) 来年こそは、、、いつかはきっと、、、牛を当ててみたい!そんな黒島牛祭りでした(^O^)/

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「スペシャルコース!」


去年「ゆくる」のツアーに参加して頂いたリピーター様が今年もいらしてくれました♪
お土産まで頂いてしまって、本当にありがとうございます~<(_ _)>
前回はJ-3コースを体験して頂いたのですが、今年はさらにエキサイティングなツアーを!とのご要望を頂いていたのでスペシャルコースを用意しました(^^ゞ

1年ぶりの再会に積もる話もほどほどに準備を整えていざ出発です~!
RIMG2424

前日に降った雨のおかげで久しぶりに川の水量もなかなかのものでした。
立派なモダマの木の前でまずは1枚パシャリ。
RIMG2430

久々の西表島の空間に日ごろの喧騒をわすれてウットリとした様子・・・・(*^_^*)
RIMG2437

癒しタイムも程ほどに、エキサイティングを求めていざ出陣です!
RIMG2444

写真を撮りながら思い出したのですが、今回のリピーター様はとにかく身体能力が高く写真を撮ろうとして後ろを振り返ると「ピタッ」と真後ろにいるので思わず僕がビックリするというくだりがあったのですが、今年もそれは健在でした・・・・(^_^;)
なので、風景も入れた引きの写真を撮りたい時は「ここでちょっと待ってて下さいね」と言わないと撮れないという方なのです。。(>_<) そんなわけで今日はロープアクセスメインの行程でアレンジし、敢えて大きな岩に真っ向勝負! ビレイをセットして~ RIMG2451

登って~~~降りて~~~と、大岩をどんどん制覇していきます♪
RIMG2464

そしてまたジャングルの雰囲気にウットリ・・・・
RIMG2477

緩急を楽しみながら少しずつ沢を登ります(*^_^*)
そして中間地点の滝へ・・・・・
おぉ~~~~久々にこの水量見た~~~~~(@_@
RIMG2482

まさに今日のゲストのために降ってくれたかのような昨日の雨!
太陽もちらほら顔をのぞかせ最高のコンディションです!(^^)!
今回のリピーター様は普段ボルダリングをされてる方で、大岩を見るとついつい「あの岩・・・・登れそう・・・・・」となるそうで、少しだけ見せて頂きました♪
RIMG2484

僕もチャレンジしましたが、まったくダメでした(笑)
さすがボルダラー!

どんどん登って今度はハイラインで忍者のように空中を移動です♪
これもまたなかなか体験出来ない感覚に思わず童心に帰ります(*^_^*)
眼下にはゴウゴウと音をたてて川が流れてますよ~~~。。
RIMG2490

対岸に着陸したらさらに沢を登ります。
途中には、これぞ西表島の風景!というような素晴らしい空間が・・・・・
RIMG2513

ジャングルにいる事を実感出来ますね~。。
沢のせせらぎに耳を傾けながらさらに登って行くと~~~・・・・・ついにゴール!
ここも最高の水量で僕たちを迎えてくれました♪
達成間に浸りながら温かいコーヒーで至福の時・・・・・・
この為に西表島に来たんだな~ッと感じる時間です。
RIMG2520

帰りはゆっくりとトレッキング道を降りてちょっと遅めのお昼です。
今回は特別にイノシシそば!
お味の方は~・・・・・・この笑顔です!(笑)
RIMG2524

お腹もいっぱいになると昼寝の誘惑に負けそうになりますが、
せっかくの西表島!最後の締めにかかりますよ~~。。

締めはやっぱりロープアクセス♪
しかも今度は締めにふさわしい約20mの登降です!
メイン・ビレイロープをガッツリとセッティングし、まずは私がデモ。
見てるだけでもなかなかエキサイティングですが、それだけではもったいない!とリピーター様もチャレンジです!(^^)!
RIMG2529

さすがの身体能力で懸垂下降はスイスイと難なくクリア!
そして関門の登り返し・・・・これはコツをつかむのに時間がかかるのですが~~~~・・・・・
RIMG2538RIMG2545

いやはや、ぐんぐん登るではありませんかッ(・_・;)
そして最後の一登~~~ッ!うりゃ~~~~~!
RIMG2548

「いや~、しんどいけど最高!」と、最高の笑顔!
見事な登り返しを見せて頂きました~(>_<)さすがの一言です! 心底からの達成感を噛みしめながら締めのスマイルで終了♪ RIMG2549

今年も見事に完全制覇となりました(^^♪
次回「これ以上のエキサイティングなツアー希望!」なんて言われたらどないしよ・・・・・と正直あせりますが・・・・・(笑)
またぜひ癒しと感動を味わいにいらして下さいね!楽しみにお待ちしておりま~す(^O^)/

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「SRT-1(スイフトウォーターレスキュー テクニシャンレベル1)」


しばらくツアーのお休みを頂いて資格取得のために四国へ行ってまいりました。

今回取得したのはSRT-1(スイフトウォーターレスキューテクニシャンレベル1)という、急流河川での救命技術の資格です。
レスキュー3というアメリカに本部を置く緊急救助活動にかかわる団体が開催しているもので、特にこの急流救命技術は世界的にトップレベルを誇ると言われています。

去年受けたTRR-T(テクニカルロープレスキュー)に続いて「絶対受けたい!」という思いを温めながら、ついに参加する事が出来ました。

場所は「日本三大暴れ川」の一つ吉野川。
普段から激流で、ラフティングが盛んな川で知られています。
RIMG7437IMG_0326

今回お世話になった講師の矢野氏。
「サファリ」http://www.safari-g.com/の代表で、講習前日にはキャニオ二ングで大変お世話になりました。
RIMG8101

講習初日は座学。
レスキューの基本的な考え方から2次災害を発生させないための心得を学びます。
陸上とは違った急流特有の危険個所や安全地帯の確認、川の流れを見てどこが危ない場所なのか?万一流された場合のエスケープするラインや場所をしっかり頭に叩き込みます。
明日からの実技に向け、実際に人が流されている映像を何本も見て全員絶句・・・・・・・
講習生をビビらすには十分な内容でした(-_-;)
IMG_0311IMG_0316

初日の座学が終わり、恒例の懇親会!
「熱い!」四国の消防士の皆さんと色んなお話が出来て、楽しいもんだからついつい盛り上がってしまいました(笑)
しかしこの時はまだ、明日からの過酷な内容の実技が始まる事を全員が把握してませんでした・・・・
IMG_0313

講習2日目。
午前中から実技という事で全員ウェットスーツにPFDをまとい、いざ吉野川へ。
今回ご一緒するバディーの皆さん。まだみんな元気です(^_^;)
DCIM101MEDIA

さていよいよ実技の開始。まずは「流水での基本的泳法」から。
なんてことはない、ただ川を泳いで渡ればいいだけの事です・・・・・しかし、ここは「日本三大暴れ川」の一つの吉野川!
見た目はそんなに暴れてるようには見えない川ですが、いざ講師の矢野氏が泳いでみると・・・・・・
ズワ~~~~~~~っと一気に下流へ流されます。
もちろん流される距離を計算している訳ですが、その速さに皆唖然・・・・・・(-_-;)
昨日の事故映像が脳裏に蘇ります・・・・
DCIM101MEDIA

実際に泳いでみると全く前には進まず、流されながら少しずつ対岸へ移動していくといった感じでした。
皆死にたくないから必死で手をかいて何とか対岸へ・・・・しょっぱなから吉野川の水をたらふく飲みました(笑)
実技一発目で全員が思った事は「・・・・・マジか?」(>_<) 動揺を隠せない講習生を横目に矢野氏の合図で次の訓練へ。 「スローバックレスキュー」 川で流されてきた要救助者に向かって専用のロープを投げ、これにつかまりエディー(川の安全地帯)へ誘導するというものです。 比較的リスクも少なく救助が出来る方法ですが、これも使い慣れていないとなかなか方向・タイミングが会いません。 DCIM101MEDIA

一通り投げる練習をした後は本番。
2人一組でバディーを組み、一人は要救助者役で実際に川に流されます。
もう一人がタイミングを合わせてスローバックを投げる。
川の流れが早いので、お互いまさに真剣そのもの・・・・外したら結構な距離を流されてしまいます(-_-;)
他にも「コンタクトレスキュー」「ライブベイドレスキュー」など実際の急流でのトレーニングが続きます。
講習とは言え本番さながらの訓練にかなりぐったり・・・・でも貴重な経験でした。

午後からはアンカー(ラップ3プル2)の取り方と「zリグ(三倍力)」の講習。
IMGP7019IMGP7018

非常~に中身の濃い2日目が終わり、この日は矢野氏も交えての懇親会。
しかし明日の事を考えると酔いがさめるさめる(笑)この日は早めに切り上げて爆睡でした(>_<) 講習3日目最終日! この日はまる1日実技です。 まずは「ストレーナー越え」。水は通すが人やゴミは通さないという天然の茶こしです。 ここにつかまると流れが強い川では茶こしに貼り付けられて溺れてしまいます。貼り付けられる前に上から越えていくという訓練です。 RIMG8455
これも川の流れが強すぎて身動きが取れない事を体感。「動水圧」の怖さを思い知らされます・・・・・

他にも「浅瀬横断」。浅瀬なら渡れるだろう!といった勝手な常識を簡単に覆される体験です。
「動水圧」の中では人間の力なんて無に等しくなります・・・・(-_-;)
RIMG7408RIMG7414RIMG7420

続いてはボートを使った救助法。「2ポイントボートテザーシステム」
RIMG7431RIMG7429RIMG7430

川底の障害物に足が挟まって身動きが取れなくなった要救助者のレスキュー。「フットエントラップメント」
RIMG7436

最終日だけあって盛りだくさんの午前の講習内容でした。
お昼は念願の「徳島らーめん」!絶対食べたいと思っていたので嬉しかった~~~(*^_^*)
こってり系の醤油とんこつで、僕好み♪本場でたべれて良かったです♪
IMG_0328IMG_0330

さて、お腹も満たされたら最終日の締めとなる「テンションダイアゴナル」
川の流れに対して45度の角度でロープを張ることで、上流から流れてきた要救助者がロープにつかまれば、後は動水圧によって自然に対岸へ運ばれるというものです。
RIMG7441RIMG7452RIMG7448RIMG7451RIMG8477RIMG8474RIMG7442RIMG7443

一通り終えてチームでミーティング、反省点をお互いに確認です。。
RIMG8479

長い1日を終え最後はボートに乗って帰路につきます。
RIMG8481

この時点で気力体力全て使い果たしているのですが、帰ってからペーパーテストがまっています・・・・(-_-;)
真っ白になった頭から3日分の記憶を絞りだし何とか合格!
無事に認定書を頂けました~。。
10703915_767797666621117_1680567883695985385_n

今回も長くて短い貴重な講習に参加出来、得たものはとても大きいです。
年に1度は西表島の外に出て、ツアーの質の向上のために必要な技術・知識を学ぶ機会を持ちたいですね。
今回の講習にあたりお世話になった「サファリ」の矢野氏、3日間ご一緒した消防士の皆さま、一般参加の方に改めて御礼申し上げます。
また一緒に学び・飲みましょう~(^O^)/

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「台風16号後のフィールド調査」


8月に一度も台風が来なかった西表島では「9月に出来る台風はかなり大きいんじゃないか?」と恐れていましたが、ふたを開けてみれば大した影響も無く一安心でした。
しかしやっぱり足りないのは雨・・・・今年は台風の雨の恵みがほとんどないまま秋を迎えそうです(^_^;)

さて、最近すっかり「台風後の調査ブログ」になっておりますが・・・・・次回はちょっと違うネタをアップ出来そうなのでしばしお待ちを<(_ _)>

今回一番気になっていたのが鍾乳洞レベル2の出口状況。
前回の台風後の清掃作業がかなり精神的に堪えたので(笑)
どうにかあの作業をしなくても済むようにと考えた養生の初試験でした。
DCIM101MEDIARIMG0012

朝寝坊のため解除は先輩が先にしてくれましたが、結果は「合格!」
今回の台風が小さかったこともありますが、何もしないよりは格段にゴミの侵入を防いでくれました(^-^)

続いて他のフィールドもチェック。
RIMG0008

RIMG0003

水は結構キレイでしたが水温が高いという事で雨による水の入れ替えが出来ていない感じですが、明日からは通常にツアーが出来そうです。がしかし・・・・予約は入ってません~・・・・(>_<)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「台風後フィールド調査2」


台風10号も西表島は大した被害もなく無事に抜けてくれました(^_^;)
さて台風が過ぎたら早速恒例のフィールド調査へ。
今回は台風の規模も小さかったので大きな倒木もなく安全確認で済んだのはラッキーでした。

沢へ入ると折れた木の枝から天然記念物のセマルハコガメ。
「何見てんだよ!」的な目つきです(笑)
IMGP4121

続いてキャニオ二ングのフィールドへ。
ここも水量が少し戻ったくらいで問題なし!(^^)!
IMGP4133

そしていよいよ、前回だいぶ手こずった場所へ・・・・・あの日の悪夢が蘇ります(-_-;)
いざ入ってみると・・・あれっ??  めちゃくちゃキレイ♪
たまたまなのか、誰かが先に掃除してくれたのか。
とにかく救われました(^_^;)
IMGP4136

前回の教訓から今回は新兵器のソリを持ってきたので、使わないともったいない!
枯れ葉を集めて今日は片道で終わる事が出来ました(*^_^*)
IMGP4137

さて、次の台風はいつ来るのか・・・・
もうちょっと間隔をあけてきて欲しいものです(^_^;)

ブログトップへ / Comment(2) / Trackback(0)