西表島ジャングルトレッキング専門店

シャワークライミング・キャニオ二ング・ケイビング・シャワートレッキング体験!

 ゆくるのブログ

「新洞調査と蜂の巣駆除」


本日はIOSRのメンバーと新洞調査&蜂の巣駆除へ。
午前中の新洞調査では「海歩人」の中川氏が調査途中だった洞窟に。
IMG_5185IMG_5161

中へ入ると何とも冒険心をくすぐる大小ドームが続き、その間に幾度となく繰り返しやってくる極狭の空間。
たまらなく刺激的な行程の最後には・・・・見事な青い海~!
100回に1回探すことができるかどうかのツアーで使えそうな洞窟をついに開拓です♪
IMG_5174IMG_5192

まだまだ細かな危険個所の確認や調査が必要ですが、洞内の状態、行程、距離共に素晴らしい洞窟でした。
動画はこちら

そして午後からは蜂の巣駆除作業。
多くのショップさんがツアーで使用しているゲ―ダ川の上流2段目の滝から3段目の滝へ上がるルート中に見事なアシナガ蜂の巣が出来ていました。
ルート上のちょうど手がかりに使う木の上にぶら下がっていて、知らずに木を掴んで揺らせば間違いなく刺される状態です。
この情報をくれた「海月(クラゲ)」さん、ありがとうございます!
IMG_5202IMG_5207

毎回この除去の瞬間は肝を冷やしますが、何とか無事に蜂の巣も除去し、安心してツアーができる環境になりました・・・
これから繁忙期を迎える西表島、事故のリスクを一つ減らせてホッと一息です(^_^;)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

(社)日本ケイビングガイド協会 ガイド講習会


先日、5月18日~21日の4日間にかけて(社)日本ケイビングガイド協会 ガイド講習会を受講することができました。
講師は日本ケイビング協会会長でもあり、日本を代表する洞窟探検家「吉田勝次」氏をお招きしての開催です。
IMG_4810

吉田氏(以降、隊長)は普段より国内外の洞窟調査遠征、ロケ協力やメディア取材など多忙を極める方で、西表島に来て頂くというのは本当に難しい事なのです。。
今回は奇跡的に色々なタイミングが合い、また隊長の温情もあり西表島でのケイビングガイド講習会の実現となりました!

講習会前日、最終便の飛行機で石垣入りする隊長を空港でピックアップ。
そのまま夕食をご一緒させて頂きましたが、TVで見ていたあの「吉田隊長」と初めての対面にもうドキドキ~!(笑)
実際にお会いして話をすると「やんちゃ」なオーラがヒシヒシと伝わってくる、なんとも言えない魅力であふれる方でした(*^_^*)
懇親会もほどほどに翌日からの講習に向け早めのお開き。
翌日は朝一便の船で西表島大原港に入りそのまま「海歩人」事務所へ。早速の講習会スタートです!

講習1日目午前はオンロープレスキュートレーニング。
P5190037P5190046
普通は基礎的なSRT講習から始まるのですが、隊長の来島が決まって以来IOSRのメンバーが献身的に基礎トレーニングを積んできたので、少しでも中身のある講習にするためという事でいきなりのレスキュートレーニングに。
これはいきなりハードルが高かったですが、汎用性の高いこの技術を身につけるためにメンバー4人で体力の続く限り繰り返しトレーニングしました。
濃密な講習内容に午前中の時点で心身ともにぐったりです(笑)

午後からはフィールドワーク&レシュキュー講習。
P5180024P5180033

普段IOSRメンバーが使っている鍾乳洞にて危険個所の確認や万一洞内で傷病者が出た場合の対応、ゲストに合わせたアプローチの仕方などまさに実践的な講義に。
安全面だけでなくガイディングでは地質学、水文学、考古学などを絡めた鍾乳洞の見せ方を始めエンターテイメント性豊かなスキルを学習。
なんてことない空間でもガイディング一つで感動の空間に変る術を身をもって知ることができました。

2日目午前、オンロープレスキュー復習&カウンターウェイトトレーニング。
IMG_4841
前日に引き続きレスキュー技術の反復練習と荷揚げ(カウンターウェイト)システムトレーニング。
何となく頭では分かっていてもいざぶら下がると、???となるSRTはとにかく反復練習がものを言います。
これも気力、体力を振り絞って可能な限りトレーニングしました。

午後からはついにSRTを兼ねた新洞調査へ。
P5190060P5190100P5190064P5190068

ここは「海歩人」の中川氏が発見した新洞で、一緒に調査した時にはとても海へ抜ける隙間などどこにも見当たらない洞窟でした。
がしかし、今回はあの吉田隊長が直々に調査へ来ています・・・・中へ入ると可能性のありそうな隙間を探しまくる隊長。
それを固唾を呑んで見守るメンバー。
すると、「おッ、ここ良さそうだね~♪」ッと、とても人が入れる様には見えない隙間にズリズリ入り込む隊長。
姿が消えて少しの沈黙が続いたあとに「オッケ~♪抜けれるよ~♪」と隊長の陽気な声が・・・・・
メンバー一同唖然!「マジか!?来いという事!?」
呼ばれたからには行かない訳にも行かず、激狭の隙間を抜けると~・・・なんと!間違いなく前人未踏の空間がその先に!
P5190078P5190088

このくだりが何回も続き最後はなんと海へ!
隊長がいなかったら間違いなく生きて外へ出る事は不可能なのは間違いなく、あまりにハードな洞窟なのでツアーでは使いません(笑)
でも西表島で一番スリリングな洞窟なのは間違いないでしょうね~。
とにかくエネルギーの全てを使い果たした濃密な1日でした(^_^;)

講習3日目、チロリアンブリッジでのレスキュートレーニング。
P5200118IMG_4935IMG_4926

SRTはとにかく少ない人数で最小限の機材を使い如何にシンプルで安全にレスキューをするのか?を追求した技術。
ロープレスキューの最高峰レスキュー3とはある意味対極である技術ですが、まさに西表島のフィールドで実用性の高い技術に目から鱗が落ちまくり!
良いものはどんどん吸収し、西表島のフィールドに合わせた技術の構築を目指す為にかなり核となる講義となりました。

講習4日目、座学。(洞穴学:水文学:地質学:考古学:生物学)
P5210120

4日間にも及ぶ講習会も気が付けばあっという間に終わり、無事にIOSR有志メンバー全員(社)日本ケイビングガイド協会よりガイド認定を頂ける運びとなりました。
振り返れば、ケイビングに関する知識から技術など盛りだくさんの講習内容はもちろんの事、何より吉田隊長の人柄にすっかりハマってしまった4日間でした(笑)
普段はやんちゃでイタズラ好きのただのオジサンのようで、洞窟に入ると「この人ほどのオーラを出せる人間が他にいるのだろうか?」という程の安心感があり、洞窟という閉鎖された空間の中で全てをコントロールしているような凄味がありました。。
私もいつかこういうオーラを出せるガイドになりたいッ!と思わせる隊長は本当に凄い人です(*^_^*)
こんな凄い方に直々に指南して頂けた事を心より誇りに思います。

P5210123

超多忙のなか、西表島まで足を運んで下さった吉田隊長、本当にありがとうございました!
そしてこの貴重な講習会の為に尽力頂いた「海歩人」中川氏に感謝致しますッ<(_ _)>
今回の講習で得たものは計り知れず、消化するにはこれからの努力にかかっていますが、吉田隊長の足手まといにならぬよう日々精進して参ります!

5-1

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)