西表島ジャングルトレッキング専門店

シャワークライミング・キャニオ二ング・ケイビング・シャワートレッキング体験!

 ゆくるのブログ

TRR-WS テクニカルロープレスキューワークショップ


夏のトップシーズンが終わり待ちに待った研修シーズン。
年に数回、西表島の外に出て色んな知識、経験を積みスキルアップにつなげる大切なシーズンでもあります。

今回は2年ぶりとなるレスキュー3TRR-T阿部講師によるテクニカルロープレスキューワークショップに参加してきました。

ワークショップはベーシックなTRR-T受講者がより実践的な技術を学ぶためのものであり、当然スキルも意識も高いメンバーが集まる場所。
2年前参加した時はあまりのレベルの違いに全くついて行けなかった苦い経験がいまだに忘れられません(笑)

参加者は沖縄消防士、茨城消防士の皆さんと遠くは韓国からマウンテンレシュキュー隊の方々とそうそうたる面々。
民間では西表島からツアーガイド
西表島アドベンチャーツアー海歩人代表
西表島POLEPOLE代表
西表島ゆくる代表
以上3名の参加となりました。

今年は西表島からTRR-Tを含めて4名の参加ということもありメンバーで事前トレーニングをしっかり積んでの参加。
とにかく支点の作成ができなければ何も出来ないという前回の教訓を胸に繰り返し訓練してきました。

今年のワークショップではロープレスキューの大会に出場するアドバンスグループとベーシックグループに分かれての受講。

もちろん僕たちはベーシックでしたが、横目に見えるアドバンスグループの消防士のメンバーはもう雲の上の存在というか違うオーラが出てましたね~!

ワークショップ1日目はピックオフレスキューを重点的にトレーニング。
全員がまんべんなく役割を経験できるようシステムが変わるごとにリーダーや各役割分担を変えチームとしてトレーニングしました。
一発目にリーダーをやる羽目になった時は正直焦りましたが、前回の失敗を生かしてしっかり学ばせて頂きました!

ワークショップ2日目は僕たち西表島メンバーの意向を汲んで頂き、資器材がほとんどない現場で対応する為のミニマムレスキュー技術を受講。
この汎用性の高いシステムに西表島メンバー全員目から鱗!

今年もハイレベルな皆さんに囲まれての濃密な2日間、か・な・り!収穫の大きい研修となりました!
そして緊張、疲労を越えて楽しい時間に感謝です。

レスキュー3TRR-Tという完成されたロープレスキュー技術、その一つ一つに意味があり裏付けがあり基礎があります。
その基礎を知るのと知らないのとでは天と地ほどの差があるとつくづく感じました。
そのまま西表島で活かせる技術ばかりではないですが、外に出て知らない人たちと共に学ぶ事によって確実に世界が広がります。
そして学んだ事がベースになって自分たちのスキルがあがり、去年出来なかった事が今年出来るようになっている・・・
こんな楽しい事は他にないんじゃないですかね~(笑)
これからも日々研鑽を重ねて行きたいと思います。

最後になりますが、指導頂いた講師陣の阿部様、矢野様、大須賀様。また事務局TR沖縄の中井様、本当にお世話になりました!
そして沖縄消防士の皆さま、茨城消防士の大島様、韓国マウンテンレスキュー隊の皆さま、また一緒に学べる日を楽しみにしております!

皆さま、貴重なワークショップの2日間、本当にありがとうございました!!

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「ロープレスキュートレーニング・ジンポール編」


昨日はIOSR第2回目となるロープレスキュートレーニングでした。
今回はフレームが1本のジンポール。
シンプルな分、固定にシビアさが求められます。

IMG_3860IMG_3868

メンバー合同練習前に数回1人で設置の練習をしましたが、いろいろ壁にぶつかり本職レスキューの方々にアドバイスを頂きようやく荷重テストが出来るようになりました。

IMG_3974IMG_3983

今回は実際にストレッチャーにビクテムを乗せ、ホットチェンジによる引き上げ降下をトレーニング。
IMG_3977IMG_4015

引き上げは3倍力を使いましたが2人で2人を引き上げるのが限度でした(^_^;)
ロープの長さに余裕があれば9倍力がベストかもしれません、また次回の課題です。
最後はビクテムの引き込みにチャレンジしましたが、支点と柵間のスペースが足りず断念。
お陰でピックオフでエッジ越えの練習ができました(笑)

IMG_4027

これもストレッチャーに結索したロープの長さ調整の課題が残りました。
次回はパーセル4本で調整したいと思います。
あぁ、アズテックがもう一つ欲しい~!

だいぶ実のあるトレーニングが出来るようになってきました。
少しずつではありますが、課題を克服しながらレベルを上げていきたいと思います。

PS:最後に、この記事に掲載された内容にはまだまだ課題が多く、とても手本になるような代物ではありません。
あくまで一個人レベルの現状報告の一部としてご理解下さいますようお願い致します。
また、自作のレスキューポールの強度や安全性を保証したものではない事をご了承くださいませ。
真剣にロープレスキュー技術を学びたい方は「レスキュー3」の講習を受けられる事をオススメ致します。

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)