西表島ジャングルトレッキング専門店

シャワークライミング・キャニオ二ング・ケイビング・シャワートレッキング体験!

 ゆくるのブログ

1 / 812345...最後 »

日本ケイビング連盟合同研修2017


研修の秋・・・

年に一度の大イベント、(社)日本ケイビング連盟鬼のケイビング研修に今年も参加してきました~
今年は初の全国支部合同という事もあってワクワク感もいつもの5割増し!
西表島支部メンバーにとって夏の頑張りはすべてこの研修のため!といっても過言ではないほど楽しみな研修なのです♪

研修ももちろんですが、何よりこの楽しさを共有出来る仲間がいることが一番うれしい事ですね~~~
とはいえ温泉旅行に行くわけではなくケイビングスキルを学ぶための大事な研修。
夏のハイシーズンが終わるころからこの研修に向けて支部メンバーで猛烈なトレーニングを積んできました。

※1週間にわたる研修だったので記事も長文になっております~

【参加西表島支部メンバー】

海歩人代表 中川・中西
西表島POLEPOLE代表 岡
西表島ゆくる代表 桑原

研修初日、入念にパッキングをし石垣空港で仲間と合流~~~!

浮かれてる訳じゃないですよ~、ただちょっと楽しみ過ぎてフワフワしてるだけ~・・・笑

飛行機、電車と乗り継ぎ一足先に現地入りしていた岡くんと合流、さっそく連盟本部一宮の事務所へ。
初日はとにかく寒さにしびれました・・・笑

1週間の滞在。本来は宿泊費が一番かさむものですが、吉田さんのご厚意で研修期間中はこの事務所に寝泊まりさせていただいておりました。大感謝!

さて、去年来た時には殺風景だった施設内には見事なクライミングウォールが!
この研修に間に合わせるために吉田隊長をはじめJETの皆さんが夜を徹して作り上げてくれたもの。本当にご苦労様でした~~~

洞窟内の地形を再現した超立体型のクライミングウォールで縦穴洞窟へ入る為のリギングトレーニングができる仕様になってます。

前日入りしていた西表・奈良支部メンバーの最初の仕事はこの壁にホールドやロープを張る為の支点を付けること。
挨拶もそこそこに早速作業に取り掛かります。

破れたマットも手分けして手縫い。
みんな作業に没頭しすぎて気づけば夜中の3時に・・・
とりあえず床につき明日からの作業に備えます~

2日目も朝からさっそく作業の続き。
ウォールがどんどん充実していきます。
ウォール付け作業は西表島でクライミングジムも運営している海歩人の中川さんとそらちゃん。二人とも楽しそ~に課題作りに没頭してました笑

地球探検社のゆかりん。いつも研修の時には世話役をしてくれてます、ありがとう!
体は小さくてもパワーは男子顔負けです笑

全国各地の支部メンバーも続々到着し室内SRTトレーニングの開始です。

みんなで現場(洞窟)に出るための入念なトレーニング。

室内トレーニングで一番しんどかったのはハツカネズミのように200mロープを登り切るというもの。
降りるのは楽なのですが登りは重力に逆らわないといけません!ものの数十mも登れば腕がパンパンになってきます。
先頭バッターはJETメンバーのギョニくん。しかも実践形式で20kgの重りをぶら下げてのトライ~~~
鬼の形相で登り続けるその姿にみんな「マジか!?」とどん引き・・・笑

とはいえ実際数100m級の縦穴洞窟へ入る時はそれだけ持っていくロープの量、荷物も増えるので1人あたり30kg以上の荷物を吊って登るとの事・・・・
これはしんどいなんて言ってられません!みんな歯を食いしばって深夜までかけて登り切りましたーーー(でも僕らは空荷でしたが・・・笑)

2日目3日目としっかり室内トレーニングを積んで4日目はいよいよ現場(洞窟)でリギング・デリギングのトレーニング!
やっぱり現場が1番ワクワクしますね~~~♪

現場トレーニングでは実際の荷物と同じ重さに慣れるように、バックに石を詰め込みかなりの急こう配の山道をひたすら登って洞口を目指します。
この山登りがかなりキツイ!洞口に着くまでにかなりヘロヘロに~

縦穴洞窟はリギングに始まりデリギングで終わります。このリギング・デリギングが出来ない事には次のステップに進めません!
落ち着いて正確に出来るよう確認しながらトレーニングしました。

リギングのチェックマンは地球探検社の松っちゃん。吉田さんの右腕的存在で頼れる男です!(でもたまにウソつきます笑)

夜はメンバー全員で打ち上げ!
お互いのトレーニングの成果を確認し合いました。

そしていよいよ今回の研修のメインとなる5日目、6日目の洞窟泊~~~!
洞窟の中で泊まるのは皆初体験!
この日に備えてさまざまなトレーニングをしてきましたが、その真価が問われる時が来ましたよ~

洞口への取り付き。この時が一番緊張します。

上からJETの近野さんがリギングチェックをしてくれます。

先頭バッターの中川さん、近野さんに続き自分もいざ!

去年と違い、各器材にプラスα自分たちの洞窟泊用の荷物があるのでバックをぶら下げるとずっしりと腰に重さが・・・
慎重にリギングをしながら進みます。

JETの近野さん。毎回この洞窟に入る時は同行してくれます。場馴れしてるこの人の安心感オーラはハンパない!

ピッチごとにリギングを交代。1人降りたら無線で連絡し次の人が降りてくる・・・これを繰り返して行きます。

縦穴洞窟にはSRT(シングルロープテクニック)を使って入るのですが、1本のロープにぶら下がれるのは1人。
入洞する前は一緒だったメンバーも中に入れば1ピッチごとに一人きりの時間がほとんど。
途中何かトラブルっても原則自分でどうにかするしかないというシビアな世界なので、事前のトレーニングがいかに大事かということを身を持って感じる時です。。
と同時に仲間の有難みを強く意識するのもケイビングならではなのでしょうね。

全員無事にボトムへ到着~~~!
今夜はここで寝泊まり。まずは楽しみにしていた夕食の準備です。

夕食は荷物の重さを少しでも軽減するためにフリーズドライがメイン。
麺好きの僕は定番のカップラーメン!これがまた洞窟で食べるとめちゃくちゃ美味しく感じるから不思議~笑

吉田さんが振舞ってくれた海苔巻きチーズ餅も美味でした~♪(でも僕のカップラーメンも半分食べられたけど・・・笑)

お決まりのおふざけ。吉田さんのこのおふざけがどれだけ緊張を和らげてくれたことか。

そして寝床作り。

緊張と疲れで初の洞窟泊でも爆睡できたのはビックリでした。

翌朝、3時30分には起床。朝食を摂り順番に洞口へ向かって登り返して行きます。

(みんなが登り返す所を撮影する吉田さん。)

この洞窟のボトムからの登り返し、何事もなければ今回も「あ~、充実した研修だったね~」で終われるところ。
がしかし!現実はそう甘くなく数々のハプニングに見舞われることに~~~!
まず最初のハプニング。

目の悪い自分は普段メガネなのですが、洞窟内だとこのメガネが邪魔になるのでこの日もコンタクトでした。
コンタクトを付けるのがスーパーへたくそな自分は洞窟内でコンタクトの付け替えは諦めそのまま寝てしまい、起きてみると視界がボヤ~・・・
あれ?っと目をパチパチしてみるとどうも片目のコンタクトが外れてしまったみたい(-_-;)
予備のコンタクトも車に置きっぱなのでここは諦め、せめてライトは万全にとヘッドライトのバッテリーを交換をする事に。
コネクタを外しバッテリーを入れ替えスイッチを入れると、、、あれ??なぜか点かない~~~!
よくよく見てみるとコネクタ部の配線が切れてる・・・・(ToT)
洞窟内でコンタクト紛失に続きまさかメインライトまで点かなくなるという状況にかなり追い込まれる自分。
これはそうとう焦った~~~~

とりあえずサブライトはあるものの、この電池が切れたら洞窟から出れなくなる!?
そう考えただけで一気に不安に襲われ我を失いそうになった時、ふと吉田さんを見るといたって冷静。。
その姿に自分も我に返り「ああ、今こそ冷静にならないとダメなんだ・・・」と恐さを押し殺し、とりあえず仲間から電池の予備とゴープロライトを借り、吉田さんの指示待ち。
正直な所、一番最初に洞窟から出たいというのが本音だったけど吉田さんの指示はまさかのデリギング。(一番最後にロープを回収しながら上がる役目)
その指示を聞いた時、腹が決まったというか吉田さんがその判断をしたということは間違いなく洞窟から出れる!という不思議な安心感が湧いてきたのは驚きでした。

そのあともライト(の電池)が切れる怖さと向き合いながらデリギングで登り返し、たまに入る吉田さんの無線に励まされながら無事に洞口まで戻れました。
寒い中、洞口で待っててくれた吉田さんとメンバーの顔を見た時は心の底からホッとした~~~(途中、中川さんのライトも点かなくなった時はマジで焦ったけど・・・笑)

このアクシデントのおかげで、トラブった時の心構えを学べた気がしました。。(吉田さんもそれを教える為にあえて自分にデリギングさせたんだなと勝手に解釈/笑)

ケイビング、洞窟という特殊な世界。その中では自分の身は自分で守るしかない。
基礎的な技術ももちろん大切ですが、無事に生きて帰る為の肝となるのがアクシデントが起きた時の対処法と冷静でいるための経験値なのだなと痛感しました。

今回自分がパニクりそうになった時に絶対的な安心感をもったリーダーがいて、そのリーダーは誰よりもふざけて場の緊張を和らげ、誰よりも冷静に状況を把握し的確な判断と指示を出せる・・・・・改めて吉田さんの凄さを肌で感じました。
終わってみればこのアクシデントが今回の研修で一番の収穫だったかも知れません。

 

 

さて、無事に研修の全行程を終え、最後の締めとなるのは地球探検社日本ケイビング連盟の事務所完成記念パーティー!

吉田さんと繋がりのある方々をお招きして盛大なパーティーが行われました。

これまで散々お世話になった吉田さん、地球探検社のパーティー事務局の松っちゃん・ゆかりんJETメンバーの皆さんに恩返しが出来る唯一のチャンスという事で、支部メンバーは準備や客人の送迎など少しでも運営の手助けになるように努めました!
いざパーティーが始まると集まってくる人たちの顔ぶれも豪華多岐にわたり改めて吉田さんの人脈の広さに感服です。
パーティー後の打ち上げではJETメンバーの方々とお話が出来る機会もあり、つくづくここは凄い世界だな~っと実感しました。

 

■今回の研修を振り返って・・・

思い返せば今この凄い世界に自分が携われるのも元は西表島で海歩人の中川さんと知り合えたことが始まり。
当時アウトフィッタ―とは無縁だった自分の世界をここまで広げてくれた中川さんには感謝しかありません!この場をお借りして御礼申し上げます。

そして支部メンバーとして共にトレーニングをし、集まればバカ話で盛り上がる西表島POLEPOLEの岡くん、海歩人のそらちゃん。こんないい仲間に巡り合えた事にも感謝です。
この繋がりは自分にとってもかけがえのない大切なものです。これからも末長く宜しくね~~~!

今回の研修で初顔合わせとなった北海道支部大滝アウトドアアドベンチャーズ のふみさん、かいちくん、なつきちゃん。
奈良支部川上村エコツアー推進プロジェクト“山遊び塾 ヨイヨイかわかみのいのっち、やっすー。
本部集合は初の沖永良部島ケイビングガイド連盟のケンヤくん、よしきくん。
鬼のケイビング講習お疲れ様でした~~~~!期間中はめちゃくちゃ楽しい時間をありがとう♪
また来年の合同研修で会えるのを楽しみにしてます!

そして地球探検社の松っちゃん、ゆかりん!今年も準備から片付け、講師まで本当にお世話になりました~~~!!
もう二人には足を向けて寝られませんーーー笑
またお会いしましょう!

最後に(社)日本ケイビング連盟会長、吉田さんをはじめJETの皆さま!
貴重な時間を割いての研修開催、サポート等本当にありがとうございました!!

これからも末長く宜しくお願い致します!!!

今回の研修は自分の人生に大きな影響を与えてくれるものでした。
この先、まだまだ広がって行く可能性にむかって邁進していきたいと思います。

全ての出会いに感謝。

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

TRR-WS テクニカルロープレスキューワークショップ


夏のトップシーズンが終わり待ちに待った研修シーズン。
年に数回、西表島の外に出て色んな知識、経験を積みスキルアップにつなげる大切なシーズンでもあります。

今回は2年ぶりとなるレスキュー3TRR-T阿部講師によるテクニカルロープレスキューワークショップに参加してきました。

ワークショップはベーシックなTRR-T受講者がより実践的な技術を学ぶためのものであり、当然スキルも意識も高いメンバーが集まる場所。
2年前参加した時はあまりのレベルの違いに全くついて行けなかった苦い経験がいまだに忘れられません(笑)

参加者は沖縄消防士、茨城消防士の皆さんと遠くは韓国からマウンテンレシュキュー隊の方々とそうそうたる面々。
民間では西表島からツアーガイド
西表島アドベンチャーツアー海歩人代表
西表島POLEPOLE代表
西表島ゆくる代表
以上3名の参加となりました。

今年は西表島からTRR-Tを含めて4名の参加ということもありメンバーで事前トレーニングをしっかり積んでの参加。
とにかく支点の作成ができなければ何も出来ないという前回の教訓を胸に繰り返し訓練してきました。

今年のワークショップではロープレスキューの大会に出場するアドバンスグループとベーシックグループに分かれての受講。

もちろん僕たちはベーシックでしたが、横目に見えるアドバンスグループの消防士のメンバーはもう雲の上の存在というか違うオーラが出てましたね~!

ワークショップ1日目はピックオフレスキューを重点的にトレーニング。
全員がまんべんなく役割を経験できるようシステムが変わるごとにリーダーや各役割分担を変えチームとしてトレーニングしました。
一発目にリーダーをやる羽目になった時は正直焦りましたが、前回の失敗を生かしてしっかり学ばせて頂きました!

ワークショップ2日目は僕たち西表島メンバーの意向を汲んで頂き、資器材がほとんどない現場で対応する為のミニマムレスキュー技術を受講。
この汎用性の高いシステムに西表島メンバー全員目から鱗!

今年もハイレベルな皆さんに囲まれての濃密な2日間、か・な・り!収穫の大きい研修となりました!
そして緊張、疲労を越えて楽しい時間に感謝です。

レスキュー3TRR-Tという完成されたロープレスキュー技術、その一つ一つに意味があり裏付けがあり基礎があります。
その基礎を知るのと知らないのとでは天と地ほどの差があるとつくづく感じました。
そのまま西表島で活かせる技術ばかりではないですが、外に出て知らない人たちと共に学ぶ事によって確実に世界が広がります。
そして学んだ事がベースになって自分たちのスキルがあがり、去年出来なかった事が今年出来るようになっている・・・
こんな楽しい事は他にないんじゃないですかね~(笑)
これからも日々研鑽を重ねて行きたいと思います。

最後になりますが、指導頂いた講師陣の阿部様、矢野様、大須賀様。また事務局TR沖縄の中井様、本当にお世話になりました!
そして沖縄消防士の皆さま、茨城消防士の大島様、韓国マウンテンレスキュー隊の皆さま、また一緒に学べる日を楽しみにしております!

皆さま、貴重なワークショップの2日間、本当にありがとうございました!!

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「沖永良部島ケイビングガイド研修」


前々から行きたかった島、鹿児島県 沖永良部島。
とにかくすんごい洞窟だらけでいちいち感動させられてしまうという話をケイビング連盟西表支部のメンバーから聞かされていたので、僕の中で「今一番行きたい島!」だったのです~♪
西表島支部長の中川氏が沖永良部のメンバーと日程を調整、今回のケイビング研修が実現しました。
ケイビングガイドとして色んな洞窟を知っておくことはスキルアップにつながりますからね。

さて沖永良部島は奄美群島の島で、石垣空港からまず那覇へ渡り一泊、翌日の朝7時に出発するフェリーに乗り込み7時間後の14時に到着という西表島からだと飛行機と船の乗り継ぎで移動で1日半以上かかる場所。
しかも間の悪い事にこの日に限って海がしけてフェリーが沖永良部に着岸できないかもという条件付きでの出港・・・

着岸ができなければそのまま徳之島へ向かう事になり、僕らにとっては今回の遠征が水の泡~~~!
さっそく那覇~沖永良部間の飛行機の空き状況を確認するも、無情にも残1席・・・
悩みに悩んで結局は運を天に任せまだ薄暗い中予定通りフェリーに乗ることにしました。

いざ出発するとやはり海はうねって、船の揺れもかなりのもの。
途中何度も吐きそうになるのを堪えて~那覇港を出て約7時間、沖永良部の島影がみるみる近づき無事に着岸に成功しました!
船酔いで気持悪いわ無事に着岸できるかの心配やらで最悪の船移動でしたが予定通り島につけてホッと一息です・・・(^_^;)

港では沖永良部のメンバーがお出迎えしてくれました。
今回は西表でボルダリングジムMayaRockを営んでいる中川さんに沖永良部メンバーからクライミングウォールの課題作りの依頼もありさっそくメンバーの自宅へ。
この、「壁のどこにどのホールドをどうつけたら面白い課題になるか」という「課題作り」。
ある程度以上のボルダリング技術がないとできないものなので、僕も手伝いながらかなり勉強になりました。

夜はメンバー宅で「エラブ牛」をごちそうになり、舌鼓を打ちまくり~♪
楽しい一時を過ごさせて頂きました(*^_^*)

翌日、いよいよケイビング研修スタート!
車に荷物を積み込み出発です~

今回お世話になった一般社団法人沖永良部島ケイビングガイド連盟のヨシキさんとヨシエちゃん。
滞在中は大変お世話になりました!

縦穴が大好物の僕のリクエストに答えて頂き初日からSRTでの入洞。
この降りていく時がたまらなく楽しいんです(笑)

中へ入るとやはり西表島の洞窟とは比べ物にならないくらい規模が大きく、鍾乳石の状態も素晴らしい!

途中、地図を見ながらルートをチェック。
分かれ道がたくさんあるのでむやみやたら歩くと迷子になる可能性も。。その位規模が大きい洞窟という事です。

この日のメインの場所に到着、ライティングをして撮影に。
このライティングの技術がまた凄かった~♪
どこからどうライトを当てると空間が神秘的に写るのか?とても勉強になりました!

この日ですでに興奮度はMax!
沖永良部島はやっぱり凄いな~っと感動しまくっていたのですが~~~ッ
しかーし!翌日はもっと凄かったのであります!!

2日目。やはり縦穴好きな僕のリクエストでSRTでの入洞~ あー楽し~~~(笑)

降りていくと昨日の場所とは比べ物にならないくらい水量豊富な水が流れているではありませんか!
奥へ進んで行くと、生まれて初めて見る光景のオンパレード!

もちろん綺麗なだけでなく、極狭ルートも次から次へと!
感動とドキドキワクワク感。これだけ全ての要素が揃った沖永良部島の洞窟のスケールに僕のハートは完全に打ち抜かれてしまいましたッ(笑)

この臨場感は動画でないと伝わりづらいかも~

とにかく今回の研修は岐阜に続く超インパクトのある研修となりました。
1回だけではとても沖永良部の良さは味わい切れない~~~!ので、また絶対来ます!(笑)
こうやって定期的に外の世界で学べるって本当有り難い事だな~と感じました。
とは言え、こういった遠征活動は一銭の稼ぎにならないばかりか遠征費もかかります。
ガイドのスキルアップというショップにとっては一見なんの金銭的メリットが無い遠征に、毎回最終的には理解を示してくれる妻には本当に大感謝です!!<(_ _)>

また、この研修の機会を作って頂いた日本ケイビングガイド連盟西表島支部長でもある
西表島アドベンチャーツアー海歩人の中川氏、いつもありがとうございます!

そして今回お世話になった一般社団法人 沖永良部島ケイビングガイド連盟の皆さま、本当に色々ありがとうございました!
次回は西表支部フルメンバーでまた参加させて頂きますね(^^♪

沖永良部島に興味が湧いた皆さん。沖永良部島ケイビングガイド連盟は高いスキルとホスピタリティーに溢れるプロガイドチームです。
想像を絶する神秘的な洞窟体験をバッチリサポートしてくれますよ~!皆さんもぜひ沖永良部島でケイビングを楽しんで下さい♪

最後に、
今回は都合が合わず合流出来なかったケイビングガイド連盟西表島支部メンバー西表島POLEPOLE 代表 岡君。
次回は絶対一緒に行こうね~♪

そして僕らの師匠、(社)日本ケイビング連盟代表兼、探検ガイド事業部 地球探検社代表兼、洞窟探検専門のガイド団体CiaO!(ちゃお)代表兼、洞窟探検家の吉田勝次氏。
今回は合流出来ず残念でしたがまた次回、吉田さんのシゴキを楽しみにしてます!(笑)

次回の遠征に向けて今日からまた頑張るぞ~~~~!!

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「新洞調査と蜂の巣駆除」


本日はIOSRのメンバーと新洞調査&蜂の巣駆除へ。
午前中の新洞調査では「海歩人」の中川氏が調査途中だった洞窟に。
IMG_5185IMG_5161

中へ入ると何とも冒険心をくすぐる大小ドームが続き、その間に幾度となく繰り返しやってくる極狭の空間。
たまらなく刺激的な行程の最後には・・・・見事な青い海~!
100回に1回探すことができるかどうかのツアーで使えそうな洞窟をついに開拓です♪
IMG_5174IMG_5192

まだまだ細かな危険個所の確認や調査が必要ですが、洞内の状態、行程、距離共に素晴らしい洞窟でした。
動画はこちら

そして午後からは蜂の巣駆除作業。
多くのショップさんがツアーで使用しているゲ―ダ川の上流2段目の滝から3段目の滝へ上がるルート中に見事なアシナガ蜂の巣が出来ていました。
ルート上のちょうど手がかりに使う木の上にぶら下がっていて、知らずに木を掴んで揺らせば間違いなく刺される状態です。
この情報をくれた「海月(クラゲ)」さん、ありがとうございます!
IMG_5202IMG_5207

毎回この除去の瞬間は肝を冷やしますが、何とか無事に蜂の巣も除去し、安心してツアーができる環境になりました・・・
これから繁忙期を迎える西表島、事故のリスクを一つ減らせてホッと一息です(^_^;)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

(社)日本ケイビングガイド協会 ガイド講習会


先日、5月18日~21日の4日間にかけて(社)日本ケイビングガイド協会 ガイド講習会を受講することができました。
講師は日本ケイビング協会会長でもあり、日本を代表する洞窟探検家「吉田勝次」氏をお招きしての開催です。
IMG_4810

吉田氏(以降、隊長)は普段より国内外の洞窟調査遠征、ロケ協力やメディア取材など多忙を極める方で、西表島に来て頂くというのは本当に難しい事なのです。。
今回は奇跡的に色々なタイミングが合い、また隊長の温情もあり西表島でのケイビングガイド講習会の実現となりました!

講習会前日、最終便の飛行機で石垣入りする隊長を空港でピックアップ。
そのまま夕食をご一緒させて頂きましたが、TVで見ていたあの「吉田隊長」と初めての対面にもうドキドキ~!(笑)
実際にお会いして話をすると「やんちゃ」なオーラがヒシヒシと伝わってくる、なんとも言えない魅力であふれる方でした(*^_^*)
懇親会もほどほどに翌日からの講習に向け早めのお開き。
翌日は朝一便の船で西表島大原港に入りそのまま「海歩人」事務所へ。早速の講習会スタートです!

講習1日目午前はオンロープレスキュートレーニング。
P5190037P5190046
普通は基礎的なSRT講習から始まるのですが、隊長の来島が決まって以来IOSRのメンバーが献身的に基礎トレーニングを積んできたので、少しでも中身のある講習にするためという事でいきなりのレスキュートレーニングに。
これはいきなりハードルが高かったですが、汎用性の高いこの技術を身につけるためにメンバー4人で体力の続く限り繰り返しトレーニングしました。
濃密な講習内容に午前中の時点で心身ともにぐったりです(笑)

午後からはフィールドワーク&レシュキュー講習。
P5180024P5180033

普段IOSRメンバーが使っている鍾乳洞にて危険個所の確認や万一洞内で傷病者が出た場合の対応、ゲストに合わせたアプローチの仕方などまさに実践的な講義に。
安全面だけでなくガイディングでは地質学、水文学、考古学などを絡めた鍾乳洞の見せ方を始めエンターテイメント性豊かなスキルを学習。
なんてことない空間でもガイディング一つで感動の空間に変る術を身をもって知ることができました。

2日目午前、オンロープレスキュー復習&カウンターウェイトトレーニング。
IMG_4841
前日に引き続きレスキュー技術の反復練習と荷揚げ(カウンターウェイト)システムトレーニング。
何となく頭では分かっていてもいざぶら下がると、???となるSRTはとにかく反復練習がものを言います。
これも気力、体力を振り絞って可能な限りトレーニングしました。

午後からはついにSRTを兼ねた新洞調査へ。
P5190060P5190100P5190064P5190068

ここは「海歩人」の中川氏が発見した新洞で、一緒に調査した時にはとても海へ抜ける隙間などどこにも見当たらない洞窟でした。
がしかし、今回はあの吉田隊長が直々に調査へ来ています・・・・中へ入ると可能性のありそうな隙間を探しまくる隊長。
それを固唾を呑んで見守るメンバー。
すると、「おッ、ここ良さそうだね~♪」ッと、とても人が入れる様には見えない隙間にズリズリ入り込む隊長。
姿が消えて少しの沈黙が続いたあとに「オッケ~♪抜けれるよ~♪」と隊長の陽気な声が・・・・・
メンバー一同唖然!「マジか!?来いという事!?」
呼ばれたからには行かない訳にも行かず、激狭の隙間を抜けると~・・・なんと!間違いなく前人未踏の空間がその先に!
P5190078P5190088

このくだりが何回も続き最後はなんと海へ!
隊長がいなかったら間違いなく生きて外へ出る事は不可能なのは間違いなく、あまりにハードな洞窟なのでツアーでは使いません(笑)
でも西表島で一番スリリングな洞窟なのは間違いないでしょうね~。
とにかくエネルギーの全てを使い果たした濃密な1日でした(^_^;)

講習3日目、チロリアンブリッジでのレスキュートレーニング。
P5200118IMG_4935IMG_4926

SRTはとにかく少ない人数で最小限の機材を使い如何にシンプルで安全にレスキューをするのか?を追求した技術。
ロープレスキューの最高峰レスキュー3とはある意味対極である技術ですが、まさに西表島のフィールドで実用性の高い技術に目から鱗が落ちまくり!
良いものはどんどん吸収し、西表島のフィールドに合わせた技術の構築を目指す為にかなり核となる講義となりました。

講習4日目、座学。(洞穴学:水文学:地質学:考古学:生物学)
P5210120

4日間にも及ぶ講習会も気が付けばあっという間に終わり、無事にIOSR有志メンバー全員(社)日本ケイビングガイド協会よりガイド認定を頂ける運びとなりました。
振り返れば、ケイビングに関する知識から技術など盛りだくさんの講習内容はもちろんの事、何より吉田隊長の人柄にすっかりハマってしまった4日間でした(笑)
普段はやんちゃでイタズラ好きのただのオジサンのようで、洞窟に入ると「この人ほどのオーラを出せる人間が他にいるのだろうか?」という程の安心感があり、洞窟という閉鎖された空間の中で全てをコントロールしているような凄味がありました。。
私もいつかこういうオーラを出せるガイドになりたいッ!と思わせる隊長は本当に凄い人です(*^_^*)
こんな凄い方に直々に指南して頂けた事を心より誇りに思います。

P5210123

超多忙のなか、西表島まで足を運んで下さった吉田隊長、本当にありがとうございました!
そしてこの貴重な講習会の為に尽力頂いた「海歩人」中川氏に感謝致しますッ<(_ _)>
今回の講習で得たものは計り知れず、消化するにはこれからの努力にかかっていますが、吉田隊長の足手まといにならぬよう日々精進して参ります!

5-1

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「ロープレスキュートレーニング・ジンポール編」


昨日はIOSR第2回目となるロープレスキュートレーニングでした。
今回はフレームが1本のジンポール。
シンプルな分、固定にシビアさが求められます。

IMG_3860IMG_3868

メンバー合同練習前に数回1人で設置の練習をしましたが、いろいろ壁にぶつかり本職レスキューの方々にアドバイスを頂きようやく荷重テストが出来るようになりました。

IMG_3974IMG_3983

今回は実際にストレッチャーにビクテムを乗せ、ホットチェンジによる引き上げ降下をトレーニング。
IMG_3977IMG_4015

引き上げは3倍力を使いましたが2人で2人を引き上げるのが限度でした(^_^;)
ロープの長さに余裕があれば9倍力がベストかもしれません、また次回の課題です。
最後はビクテムの引き込みにチャレンジしましたが、支点と柵間のスペースが足りず断念。
お陰でピックオフでエッジ越えの練習ができました(笑)

IMG_4027

これもストレッチャーに結索したロープの長さ調整の課題が残りました。
次回はパーセル4本で調整したいと思います。
あぁ、アズテックがもう一つ欲しい~!

だいぶ実のあるトレーニングが出来るようになってきました。
少しずつではありますが、課題を克服しながらレベルを上げていきたいと思います。

PS:最後に、この記事に掲載された内容にはまだまだ課題が多く、とても手本になるような代物ではありません。
あくまで一個人レベルの現状報告の一部としてご理解下さいますようお願い致します。
また、自作のレスキューポールの強度や安全性を保証したものではない事をご了承くださいませ。
真剣にロープレスキュー技術を学びたい方は「レスキュー3」の講習を受けられる事をオススメ致します。

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

ツアー料金改定についてのご案内


【ツアー料金改訂について】
対象となるツアーはケービング・ステージ2とシャワークライミングのいずれかを含む

【J-3コース】ケービング・ステージ1,2&沢トレッキングORキャニオニング

【J-4コース】シャワークライミング&ケービング・ステージ2

以上2コースとなります。

変更理由としましては、上記コースのお客様を対象とした傷害保険の変更によるものです。
2016年4月1日からは「損害保険ジャパン日本興亜株式会社」の傷害保険へ変更致しました。
 
保険の内容の変更としましては、「運動危険割増」が適応されます。
これは山岳登はん、スカイダイビングなどにも適応する保険です。
 

【J-3コース】ケービング・ステージ1,2&沢トレッキングORキャニオニング

【J-4コース】シャワークライミング&ケービング・ステージ2

上記ツアーは、
【J-3コース】お一人様14,000円 → 4/1 改定後 17,000円 。
【J-4コース】お一人様15,000円 → 4/1 改定後 18,000円 となります。

料金改定前にご予約頂いているお客様に関しましては、改定前の金額での対応となります。(補償内容は新保険が適応されます)

お客様の安全第一を最優先に考え、現場にて最善の対応が出来るよう講習等での勉強や同業者間での危険情報の共有など、万全の対策を行っていますが、万が一に備えて保険内容をより充実したものに変更致しました。
「お客様に より確かな安心を」という考えのもと、ツアー料金に保険料を加算させて頂きます。
何卒、ご理解の上ご了承下さいませ。

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「自作レスキューフレーム!」


無いものは自分で作る!シリーズ第2弾はレスキューフレームです。
これは支点の無い所に支点を作り安定したレスキューを可能にしてくれる優れもの。

既製品ではロックエキゾチカのアリゾナボーテックスやPMIのテラダプター・トリポッド・システムがありますが定価約100万円と一個人ではとても手の届くく代物ではありません。

IMG_1934RIMG1869

しかしこれが無いと講習で学んだことが復習出来ずどんどん忘れていってしまうというジレンマを解消する為に、無いものは自分で作る!の精神で知恵を絞ってみました。

比較的安価で強度があるものといえば工事現場などで使われる単管パイプ。
これを使って既製品と似たような事ができないかとチャレンジしてみました。

基本的なパーツは48.6の単管パイプ1m2本、3m3本
パイプのツナギにはクランプを使用しました。

IMG_3381

最初の関門はフレームのAの接続部分。約60度の角度をどう固定するかです。
クランプには直交と自在がありますが、この自在クランプは360度回転してしまいます。これを60度の角度で溶接し固定する事に。
昔、溶接の仕事をしていた事がここにきて役立ちます♪
器用貧乏とはまさにこの事ですね(笑)

また西表島のような所では専門業者が少ないので、何かを作る時は大体皆さん自分で作ってしまいます。
なので溶接機を持ってる方も多く、気前よく貸して頂きました(*^_^*)

IMG_3312

自在の部分をガッツリ360度溶接して固定。
これを4点で支えるので強度は問題なしかと思います。

IMG_3387

支点用のアイナットは4分を使用。
使用荷重が220kgなのでこれも人間2人分の荷重をカバーできます。

IMG_3341IMG_3344

そのほか、フレームを固定する為のボルト穴も空け、アイナットをセットしていきます。

IMG_3372IMG_3374

そうして出来上がったのがこちら(*^_^*)
基本的なトライポッド型です。
IMG_3418IMG_3414

ジョイントを足せばイーゼルAやサイドウェイ・Aも可能。
IMG_3558IMG_3616IMG_3551

早速荷重をかけてのテストを実施。
おおまかな役割はしっかり果たしてくれそうですが、安全をしっかり確保する為にはいくつかの課題が見つかりました。
一つ一つクリアして精度を上げていきたいと思います。

IMG_3475IMG_3493IMG_3465

ついでにジンポールのヘッドも作成。
こちらは「火消しオヤジのブログ」様の記事を参考とさせていただきました(*^_^*)
画期的なアイディア、ありがとうございます!<(_ _)>
こちらも近いうちに荷重テストを行う予定です。

IMG_3346IMG_3349IMG_3351

以上、ないなりに工夫をこらして作ってみましたが、あくまで素人が作ったものですのでトレーニング用としての使用に限定されます。
少しずつテストを繰り返し、改善していきたいと思います。

最後に、この記事に掲載された内容はあくまで素人の私一個人の趣味の範囲でやっているものです。
自作のレスキューポールの強度や安全性を保証したものではない事をご了承くださいませ。
また、ロープレスキューに興味のある方は「レスキュー3」の講習を受けられる事をオススメ致します。

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

「お客様から嬉しい贈り物♪」


先日ツアーに参加して頂いたご夫婦のお客様から嬉しい贈り物が届きました♪

IMG_3148

西表では手に入らないインポートのお菓子の数々・・・・
娘も大はしゃぎで喜んでいました(笑)

そして個人的に一番気になったのが・・・・「クレイジージャーニー」のDVD!
関東では深夜番組で放送されてるそうなのですが、もちろん西表島では見れません。

IMG_3511

IMG_3512

気になるのは日本ケービング協会会長でもある吉田氏の「洞窟探検」。
めっちゃ興味深くおもしろかったです~!!
心温まるお手紙も同封されていて、私との出会いや西表のジャングルに感動して下さった事がひしひしと伝わる内容に、ガイドとして喜びを感じました。ツアーガイドは西表島の自然を満喫してもらうだけではなく、感動や思い出を提供する素晴らしいお仕事である事を改めて認識させていただきました(*^_^*)

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)

AED(自動体外式除細動器)を導入しました。

この度、「西表島ゆくる」にてAED(自動体外式除細動器)を導入致しました。
セコムのリースで年間維持費約7万円と、ウチのような零細ショップにはかなり痛手ですが・・・(^_^;)
広告費を削減してでも万一に備えた安心のためにと決断しました。

IMG_1659IMG_1671IMG_1669IMG_1675

日本光電製カルジオライフ
AED-2100
電極パッドの交換なくモードの切り換えにより、小児(未就学児)と成人(小学生以上)に使用が可能
(小児用電極パッドが不要)
心臓マッサージ(胸骨圧迫)のテンポをリズム音でガイド
心電解析開始から電気ショックが可能となるまでの時間を8秒以内に短縮
img_aed_charge19

小児・成人モードがスイッチの切り替えだけで済み、電極パットの交換が必要ありません。
非常にシンプルでAEDの講習を受けた事があれば、多くの人が使いこなせるタイプだと思います。

IMG_1686IMG_1696

AEDはペリカンハードケースに収納し、「西表島ゆくる」のツアー車に搭載してあります。
西表島内の同業者の皆さま、万が一の際はためらうことなくご連絡、ご使用下さいますようお知らせ致します。
RIMG5161RIMG5162

ブログトップへ / Comment(0) / Trackback(0)